滕彪文集
[主页]->[独立中文笔会]->[滕彪文集]->[習近平体制は史上初のハイテク・ファシズム]
滕彪文集
·滕彪律师评论郭文贵事件的意义
·Coercive Family Planning in Linyi
·Chinese lawyers hailed as “heroes for justice”
·THE PEOPLE’S REPUBLIC OF THE DISAPPEARED
·《失踪人民共和国》
·EXEMPLARY FIGURES REPORTED BY GARIWO
·在劫难逃
·李明哲案 滕彪:陸意圖影響台灣政治籌碼
·人权律师解密北京的"水晶之夜"
·李明哲案:臺灣退無可退
·作为人类精神事件的刘晓波之死
·北京驱逐"低端"人口的制度根源
·Atrocity in the Name of the Law
·学者解析中共执政密码
·暴行,以法律的名义
·人道中国十周年纪录短片
·“中华维权律师协会”评出十佳维权律师
·中国妇权成立十周年纪念
·武统狂言背后的恐懼
·以法律名義被消失,中華失踪人民共和國
·川普公布首批人权恶棍 滕彪:震慑中共
·「蚂蚁金服」在美并购遭拒 中国官媒指不排除反制措施
·CCP is taking China towards more and more Owellian state
·中国公民社会前景:乐观还是堪忧?
·中共渗透遭美欧澳等国谴责 专家析世界格局
·Laogai, le goulag chinois
·不反思計劃生育 中國就沒有未來
·中国:溃败与希望
·Conversation on China’s human right
·Draconic Restrictions on Uyghur Cultural And Religious Freedoms
·寧添十座墳,不添一個人
· the only way seems to become more dictatorial and oppressiv
·不管藍營綠營,面對的都是「集中營
·惠台政策还是经济统战?
·专访:用李明哲案件恐吓整个台湾
·習近平進一步向毛澤
·中共專制政權威脅全世界
·新戊戌变法的变与不变
·【Documentary】China: Spies, Lies and Blackmail
·No escape: The fearful life of China's exiled dissidents
·中国异议人士逃抵西方仍难脱离中共监控威胁
·The State of Human Rights Lawyers in China
·权益组织:电视认罪—一场中国官方导演的大戏
·温良学者 正义卫士(一)
·Has Xi Jinping Changed China? Not Really
·訪滕彪律師談中共政權對於全世界民主自由人權發展的負面影響
·中共绑架中国
·美国务院发布人权报告 点名批评中国等八国
·滕彪,温良学者 正义卫士(二)——发出不同的声音
·鸿茅药酒:中共制度之毒
·on televised confessions
·滕彪,温良学者 正义卫士(三)——挑战恶法 虽败犹荣
·温良学者 正义卫士(四)——铁骨也柔情
·温良学者 正义卫士(五)——黑暗中的闪电
·美两党议员推法案 要求调查中共渗透/NTD
·Video【Teng Biao: From 1989 to 1984】
·第二届藏港台圆桌会 中国律师表态支持自决权
·自由民主與自決權:第二屆藏港台圓桌會議
·Exiled in the U.S., a Lawyer Warns of ‘China’s Long Arm’
·端传媒滕彪专访:一个曾经的依法维权者,怎么看今日中国?
·VOA:川金会上 人权问题真的被忽略了吗?
·“中国的长臂”:滕彪审视西方机构对华自我审查
·中国长臂迫使西方机构公司自我审查/RFA
·美退出人权理事会 滕彪呼吁应将人权与经贸利益挂钩
·“中国政治转变的可能前景”研讨会纪要
·滕彪:川普退出人权理事会是为人权?西藏、新疆民族自决
· The Second China human rights lawyers day
·第二届“中国人权律师节”将于7月8日在纽约举行
·【video】A message from a Chinese human rights lawyer
·【RFA中国热评】美中贸易战、 “七五”、“709案”
·回顾709案:中国迫害律师的第三波高潮
·中国人权律师节力赞人权律师的意义
·高智晟、王全璋获颁首届中国人权律师奖
·Chinese rights lawyers and international support
·高智晟王全璋纽约获人权律师奖 亲友代领
·709大抓捕三周年 境内外纷有声援行动/RFA
·Forced disappearances
·光荣的荆棘路——第二届中国人权律师节开幕短片(Openning film on the Sec
·用法律抗争与对法律宣战
·「709大抓捕」並非偶然…
·An Editor Speaks Out: Teng Biao, Darkness Before Dawn, and ABA
·中國假疫苗事件能夠杜絕?
·当局不解决人们提出的问题,而是〝解决〞提出问题的人们
·疫苗之殇还是贼喊捉贼/RFA
·The legal system is a battleground, and there’s no turning back
·A Call for a UN Investigation, and US Sanctions, on the Human Rights D
·关注新疆维吾尔自治区人权灾难的呼吁书
·警察街头扫描手机内容 新疆式维稳监控扩散
·The banned religious group that has China worried
·人间蒸发 强制失踪受害者日 家属焦急寻人
·中国留学生都是“007”?
·忧末日恐慌蔓延,中国围剿全能神教
·An Open Letter on Ilham Tohti’s Life
·关于伊力哈木生命致多国政府和欧盟理事会的公开信
·918 RESIST Xi Jinping
·公安部拟新规“维护”警察权威
·The United Nations, China, and Human Rights
·司法部整顿律师业:统统姓党
·美中媒体战?中国在美两大官媒被要求登记为外国代理
· Alphabet City Q&A with Teng Biao
·The Xinjiang Initiative
[列出本栏目所有内容]
欢迎在此做广告
習近平体制は史上初のハイテク・ファシズム

   https://the-liberty.com/article.php?item_id=15858
   
   2019.06.09
   
   


   天安門事件から30年 - インタビュー 習近平体制は史上初のハイテク・ファシズム
   
   
   
   2019年7月号記事
   
   
   
   天安門事件から30年 中国の若者が再び立ち上がる
   
   
   Interview 2
   
   
   中国民主化運動の指導者が語る
   
   習近平体制は史上初のハイテク・ファシズム
   
   
   中国から亡命し、現在は民主化運動のリーダーとしてアメリカで活動する人権派弁護士に、中国の現状について聞いた。
   
   
   
   中国出身の人権派弁護士
   
   
   
   滕彪
   
   (とう・ひょう) 1973年、中国吉林省生まれ。北京大学法学博士。ノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏が起草した「08憲章」の共同署名者。当局に2回逮捕された後、2014年にアメリカに亡命。今年2月の米国議会の公聴会で、中国の人権状況について証言。現在は米ハーバード大学客員研究員。
   
   ──亡命までに中国ではどのような活動をしていましたか?
   
   
   
    2003年に人権擁護のための法的支援を行う「公盟」を設立し、活動しました。私は3人の創立者の1人です。「公盟」は、09年に指導者の一人である許志永が、当局に逮捕されるなどの試練を受けつつも、やがて民主化などを目指す「新公民運動」に発展。中国各地で草の根の人々が参加しました。しかし、習近平政権は13年に関係者を逮捕し、この運動を弾圧しました。
   
   
   
   
   
   ナチスを超える全体主義国家
   ──現在の中国の状況をどのように見ていますか?
   
   
   
    政治哲学者のハンナ・アーレントは著作『全体主義の起源』で、ヒトラーのナチズムが"右"の全体主義だとすれば、共産主義は"左"の全体主義であり、どちらも同じ類型だと分析しました。1949年以来の中国共産党政権は、ナチスを超える全体主義国家なのです。中国ウォッチャーたちは、1980年代以降のトウ小平の「改革開放」路線に注目して、「共産党員が信じているのは、カネと権力だけだ。もはやマルクス主義は過去のものだ」と見ています。経済成長を目指す権威主義の体制にすぎないというのです。しかし、一党独裁の政治体制を見れば、実態はファシズム(全体主義)と同じです。
   
    2012年に習近平政権が始まると、弾圧は強化されました。人権活動家、弁護士、学者、キリスト教の地下教会、法輪功、チベット仏教、ウイグル人のイスラム教徒らが標的となり、次々に投獄されています。100万人以上が強制収容所に送られている新疆でのウイグル人弾圧は、今世紀最大級の迫害です。習近平は「中国の夢」をスローガンに掲げました。しかし、自由も民主主義もない中国社会の現実は、「悪夢」でしかありません。
   
   
   
   
   
   史上初のハイテク・ファシズム
    いま中国に生まれているのは、新しいタイプのファシズムです。ネット検閲や顔認証カメラといったテクノロジーにより、ヒトラーやスターリンの時代にもなかった高度な監視社会が出現しています。
   
    こうした監視システムによる個人の識別管理で、弾圧への抵抗は、ますます難しくなっています。このようなハイテク・ファシズムは、人類が史上初めて経験するものです。
   
    ジョージ・オーウェルの小説『1984年』で描かれた架空の世界を超える事態が、いま中国で現実化しつつあるのです。恐るべき文明の退行現象といえます。
   
    しかし、監視技術のためのソフトウェアや設備は、欧米の多国籍企業によって提供されてきました。表向きの市場経済と、一党独裁による国家主義が合体しています。
   
   
   
   
   
   中国全土にAI(人工知能)と連動した監視システムが張り巡らされている。写真:ロイター/ アフロ
   
   
   
   
   自由を脅かされるアメリカ
   ──アメリカにおいて中国の影響を感じることはありますか?
   
   
   
    アメリカ国内でも、企業だけでなく、大学、シンクタンク、メディアなどいたるところで、中国政府を恐れた自己規制が行われています。2015年には、アメリカ法曹協会が私の著書の出版をキャンセルする出来事もありました。有名大学での講演が中止になったこともあります。
   
    全世界に500以上の孔子学院(*)がありますが、アメリカでは100カ所以上も設置されています。受け入れた大学では、政治的に差し障りのあるテーマが避けられ、学問の自由が脅かされています。
   
    ハリウッドでも、中国政府を刺激する内容の映画がなくなっています。中国での配給収入を失うからです。有名俳優のリチャード・ギアも、ハリウッドから締め出されました。チベットの自由化を支援する活動をしているからです。
   
   
   
   (*)中国政府が海外の大学と提携して設置している、中国語や中国文化の普及のための教育機関。
   
   
   
   
   イギリスで孔子学院会議に出席する習近平・国家主席。写真:AP/ アフロ
   
   
   
   
   消し去られた事件の記憶
   ──6月4日は、天安門事件から30周年になります。
   
   
   
    1989年の学生による民主化運動は、戦車とマシンガンによる弾圧で挫折しました。事件の直後、もはや共産党政権が永続するはずはないと思われました。報道陣の目前で、あまりにも多くの人々が虐殺されたからです。統治の正統性が失われたことは、誰の目にも明らかでした。
   
    しかし、30年が経った現在、中国共産党は検閲とプロパガンダによって事件の記憶を消し去りました。中国政府は、死者の多くは兵士であり、学生や市民ではなかったとして、虐殺を否定しています。正確な死者の数すら、知ることができません。
   
    海外の研究者も、天安門事件を取り上げれば、中国政府からはビザが出なくなります。大学もシンクタンクもメディアも沈黙し、この問題に触れようとしません。しかし、真実を改ざんし、隠ぺいし続けることはできないはずです。
   
   
   
   
   
   日本は中国民主化の支援を
   ──日中関係をどう見ますか?
   
   
   
    中国が世界第二の経済大国になった結果、世界の脅威となっています。これに対して、成熟した民主主義の国家である日本は、大国としての役割を果たすべきです。日本政府が、中国政府との関係に配慮して、人権問題に触れないのはよくないことです。
   
    日本政府は、中国の人々と中国政府を区別して考えるべきなのです。中国共産党は、中国人を代表しているわけではなく、中国の人々を弾圧しているのです。中国共産党との友好は、中国の人々を見捨てることを意味します。中国人も、他国の人たちと同様、自由と人権の尊厳を求めているからです。
   
    ようとしています。民主主義の国々が団結しなければ、中国の脅威に対抗することはできません。日本政府が、人権問題を尊重し、中国の民主化を支援することを期待します。
   
   (聞き手 藤井幹久・幸福の科学国際政治局長)
   
   
(2019/06/10 发表)
blog comments powered by Disqus

©Boxun News Network All Rights Reserved.
所有栏目和文章由作者或专栏管理员整理制作,均不代表博讯立场