百家争鸣
[发表评论] [查看此文评论]    明暗經緯錄
[主页]->[百家争鸣]->[明暗經緯錄]->[1972年"日本と中国の共同声明"合法的ではない]
明暗經緯錄
·彰化濕地是心扉﹐肺﹐肝﹐腎
·不老的青鳥
·青鳥不傳云外信
·簽訂和約的首要條件
·如果國民黨五都選輸
·釣魚台屬於中華民國而非台灣島
·中共對釣魚台是項莊舞劍意在沛公
·棄帥保車是五都選舉台灣生存法
·蔣中山的政治高度來自于何方?
·蔣中正與參政會非主僕關係
·蔣中正實行憲政的濫觴
·蔡英文的建國方案請出示
·南開之父張伯苓使得中國政治步入憲政民主
·十十 對 十一
·戰時無法實行憲政原因何在﹖
·聯合國的中國地位如何得來的﹖
·民主幾度花開在中華大地﹖
·中時集團董事長蔡衍明提倡民族主義
·Okinawa 沖繩琉球的美
·Vladivostok 海參崴 vs 釣魚台
·為何憤青不要海森威而要釣魚台
·溫總理的南水北調是捨華中華
·台灣莫再走回頭路 大陸快改造重生
·彌補劉曉波的失誤
·袁世凱與溫家寶
·比較兩位總理﹕孫中山總理與溫家寶總理
·讓中共泛起沉滓的劉曉波
·中南海智囊團是否廟堂中的社鼠
·無根蘭花滿庭芳 蝴蝶翩翩燕子飛
·雙十國慶憶孫中山先生
·國慶特告滿族同胞書
·十全十美慶雙十國慶
·劉曉波的贏得尊嚴諾貝爾獎警示誰
·郭泉是美國對抗中共的空彈原子彈
·中共太子黨的迷思
·外國的陳情表
·國民政府參政會的正負面功用評價
·一國兩制是中共強制民女裹小腳的政策
·中華民族的臨界點
·溫家寶的南水北調會遭撥亂反正
·我是長江一小沙
·遺憾孫中山先生未得到諾貝爾人道和平獎
·中共絕招是拆臺
·誰是政改第一清白的驕客
·放劉曉波不是胡溫責任
·九溪煙樹 一路歡歌入錢塘水
·彭麗媛包裝紙人之下的真人還是虛偽的土匪婆子
·中共的皇后娘娘江青的原型
·如何模懂中國人脾性特色
·劉曉波囚與放
·蔣經國的愛與恨
·曹禺藝術自由精神延續在台灣
·一張陝北黑白照片的啟示錄﹕中國在劫難逃
·美國人怎麼反抗當英國殖民地奴身
·參政員裁軍的心意
·中國又快要打仗啦
·節省的蔣中正比浮華的胡錦濤大方多了
·中共軍方的鷹派危險人物智庫辛旗可能弄巧成拙
·京華秋夢上汴水
·一國兩制就是意淫中華民國的民主憲政體制
·二個中國 vs 一個中國
·我走過一地的孤寂 浮華以外的昇華
·高耀潔應該得到下一個諾貝爾人道主義獎
·失落諾貝爾獎的兩位民國中國人
·漫談中國自治區的古文明
·中華民國護照萬歲!
·可以頒發“一個中國政策制度”死亡證書
·中華民國永遠擁有中國大陸主權 胡錦濤請歸還中華民國的大陸主權
·買賣稀土元素的秘密
·習近平能對中華人民共和國有什麼作用﹖
·放下你的鐮刀
·請胡錦濤準備回答二個問題
·山雨欲來風滿樓的中國共產黨政變
·要維共黨是穩
·台灣館的民族文化精神啟發
·切莫到恐怖的台灣蘇花公路
·台中的經濟成長來自于外省軍人的地
·美國大選兩黨平分秋色
·屹然的美國三權分立的體制
·民主黨在加州取得期中選壓倒性勝利
·美帝即將取消一個中國政策
·辛亥革命是中華子女締造的偉大革命
·人浮於事的七千萬共黨人員
·高人指點蔡英文成為台灣首長
·中國人命賤可以為一個中國政策永遠背書
·論窯洞習近平比清華胡錦濤的政治血統高貴
·二次金改案扁判無罪與五都選舉
·高人指點馬英九當未來一個中國的總統
·少數黨與在野黨的區分
·憶台灣望中州南陽
·一黨兩院制 vs 二黨兩院制
·全美和統會論壇智囊可能掐死中華人民共和國一線生機
·為什麼中共沒有骨氣﹖
·美國是實驗室的啄米鴿
·破壞中華民族和解的罪人
·心劍
·為什麼要苛待江西萍鄉工人
·中華母親 妳好慘烈啊!
·中華父親 恕己待人
·照汗青 心劍
·悲壯史詩 我父參加華北保衛戰
[列出本栏目所有内容]
欢迎在此做广告
1972年"日本と中国の共同声明"合法的ではない

   1972年"日本と中国の共同声明"合法的ではない
   
    "裁判長裁判官清劉新日本との2007年4月、最高裁で"1972年に、"日本適合する中国の共同声明"、と主張する個々の権利は、"最終的な裁判を理由に放棄されており、原告側の要求を拒否しました。"
   
   

    人民共和国、中国の日本に対する個人の請求権を放棄し、中国を代表することはできません。
   
   
    中国と日本は裏切り署名無法状態については、あなたは、当事者ではなく、日本の政府に降伏していない、どのように我々は、中国との代わりに署名することができます
   
    中国語以外の主権国家の人々 、当事者は、1972年の日本と中国の共同宣言は無効
   
    中国の主権を1日、日本債権回収には、料金の勝利となる中国本土を回復します!
   
   
    しかし、中国の共産主義を表すことができないとしての日本のROCとは中国に降伏した国民党。
   
    これは違法判決、fromPRC、日本のことです
    民族の市民権を個々の補償をするように要求するusurpingを振り、撤回した。
   
   
    2009年9月17日。弁護士で
   
    付録
    東京高等裁判所一次世界大戦第二の労働需要の請求を棄却、旧中国
    (Boxun北京9月18日、2009年)を再現
   
    ソース:共同通信
    (Boxun.com)
   
   
    元の中国人労働者とではその家族を強制的に第二次世界大戦中の重労働、長野県、日本、根拠に関与する、日本政府と建設会社4社と140000000円(約10500000元)の場合には、東京高裁の請求を起訴するに拉致されている裁判所は17日、控訴審で最終決定を下すには、最初のインスタンスの長野地裁判決を維持する原告側の控訴を棄却した。
   
    原告側の控訴を継続することを決めた。 7原告ら6人が、彼の親族が訴訟を実施するが死亡している。建物建設会社4社鹿島建設、熊谷組、大成起訴とは建物の島に飛んでいます。清の劉新裁判長と2007年4月日本の最高裁判所の"1972年に、"日本適合する中国の共同声明"、と主張する個々の権利は、"最終的な裁判を理由に放棄されており、原告側の要求を拒否しました。
   
    政府や企業の問題の責任は、最初の裁判も、原告側の側面の"強制的に拉致や強制労働は違法であるとは、政府や企業"とは、表現の理解は、"原告の主張と指摘したとの控訴審での最終決定は、これらの違反国際人道法の理解。"それによると、長野県の中の水力発電所を誘拐中の1944年7月〜5月の7中国の人々と重い労働を余儀なくされた。
    _(ネットワーク)(boxun.com再現)

©Boxun News Network All Rights Reserved.
所有栏目和文章由作者或专栏管理员整理制作,均不代表博讯立场